保合い相場への対応は?

:トレードがなかなかうまくいきません。自己分析として、

1.山谷を意識して取引を行っているのですが、その過程の中で、途中ですぐに利食いをするため、再度入り直すことが多い。このため、利食いがあまりできない、あるいは負けるということが多い。
2.山谷での、入るタイミングを前足の高値、安値を切り上げる、あるいは切り下げる、を待ってから入ると、前足が長い場合は、損失額が大きくなる。
3.山谷の見極めが、甘いため、結構連続で負ける。
4.もみ合いの続く、足の長い山谷は、入るタイミングが非常に難しい。
等々があります。(他にもある思いますが。。。)

そこで、入るタイミング、および利食いのタイミングについての質問なのですが、

1.(損切りについて)
もみ合いが続く山谷の場合、入るタイミングをその前の安値、高値を切るところまで待つと、山谷より100pips以上離れていることがよくあります。
この場合は、損切りは、やはり高値、安値まで待つか、もしくはあまり大きすぎる場合は50pips程度で損切るか、どうでしょうか? 大きく負けると、その後モチベーションが下がるので、どうしても早く損切る傾向があります。

2.(利食いについて)
利食いのタイミングは、その前の山谷の高値、安値までじっと待つのか、あるいは途中で反転した時点で、利食いしたほうがいいのか?どうでしょうか?どこまで待てばいいのかがいつも悩みます。最後まで待つと心に決めて待っていると、結構利益が出ていても、最終的にマイナスなんてこともよくあります。

もちろんケースバイケースというのはよくわかっているのですが、何か現時点ので良い助言いただければ幸いです。


:保合い相場で、足の長い山谷、あるいは長い上髭、下髭が難しいのは事実です。
この時、山越え確認、谷越え確認まで待つと、保合いの下限付近で売り、上限付近で買うことも、しばしば起こります。そして、損切りポイントを高値更新、安値更新に置くと、大きな損失が出てしまいます。

とはいえ、中途半端なところで損切りをすると、レンジの上限、下限で折り返してしまい、取れたはずのものも取れません。

こう考えてみればどうでしょう?

高値で売り、安値で買えば、絶対に儲かります。その事実を鑑みれば、保合い相場では、レンジの上限に近付けば売り、下限に近付けば買うと収益に繋がります。
では、そのまま上抜ければどうするか? 損切りです。この時、レンジの上限にできる限り引き付けていれば、大きな損失とはなりません。

短期トレードでは、保合い相場の比率の方が高いとさえ言えます。対処の方法は、保合い相場を捨てて、三角保合いなどの上放れ、下放れ(最後の段階では谷越え確認、山越え確認)につくか、あるいは、保合い相場で、レンジの上限に近付けば売り、下限に近付けば買うことを繰り返すことです。プロのディーラーの基本的な手法は後者です。

利食いも、保合い相場と、それなりのトレンドが見える時とは違います。トレンドがある時は、できるだけ引き延ばして、簡単に利食ってしまわないことが収益拡大のポイントです。一方、保合い相場ではレンジの上限、下限での売買が、そのまま仕込み、手仕舞いに繋がります。

保合い相場と、それなりのトレンドが見える時かの見極めが難しい時は、より上位足で買いか、売りかの方向性を見極め、買いだと思われたなら、レンジの下限では仕込みをするが、上限では手仕舞いだけ。レンジの下限で仕込み、上限で手仕舞いを繰り返します。レンジの幅が小さくなってくれば、上抜けの可能性が高まりますので、最後はレンジの下限で仕込んだまま、上抜けを待ちます。

売買を続けていると、この辺りのことが感覚で分かるようになってきます。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム 記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
7年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

FX口座 スプレッドスワップランキング

LIGHTFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 92

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 90

ドル円 50
豪ドル円 26
トルコリラ円 44

みんなのFX 83

ドル円 50
豪ドル円 20
トルコリラ円 44

GMOクリック証券 73

ドル円 48
豪ドル円 23
トルコリラ円 29
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.2 50 -50 1,000通貨

詳しく見る
0.2 50 -50 1,000通貨

詳しく見る
0.2 50 -52 10,000通貨

詳しく見る
0.2 49 -64 1,000通貨

詳しく見る
0.2 48 -50 10,000通貨

詳しく見る
0.2 48 -78 1,000通貨

詳しく見る
0.2 40 -78 1,000通貨

詳しく見る
0.2 20 -49 1,000通貨

詳しく見る
0.2 20 -130 1,000通貨

詳しく見る
0.3 50 -80 1,000通貨

詳しく見る
0.3 18 -95 10,000通貨

詳しく見る
0.4 35 -75 100通貨

詳しく見る
0.6 38 -68 1,000通貨

詳しく見る
1.0 40 -75 1,000通貨

※スワップ調査日:2020年02月17日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップの値について詳細は調査概要をご参照ください。
※スプレッド調査日:2020年02月20日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。