Q&A:両サイド(売り買い両方)のボラティリティを取りに行きたい

:1000通貨でトレーニングしていた時のやり方(5分足、片サイドに絞って仕掛ける)をベースに今はトレードしていますが、このやり方ですと1日平均30-40pipsを越えづらく、40-50pips以上はなかなか取れないとも感じています。夜のトレードをしない分、限られた時間の中で収益力を高める為には、今のやり方をさらに改善して売り買い両サイドを取れるようになった方がいいのでは?と感じています。

今のやり方だけを続けていくと、自分のトレードの癖が固まってしまって、両サイドの仕掛けができるように修正するのに膨大なエネルギーが必要になるかと思いますので、それであれば癖ができていない今のうちに色々な方法を試しておく必要も感じています。

ただ、ずっと新しい方法を探し続けて通貨数を上げないと収益につながらないので、「収益を上げていくこと」(今の30-40pipsのやり方で通貨数を2~5万と徐々に上げていく)と「より良いトレード方法を研究する」(1000通貨で様々な方法を実験する)という2つのやり方を別勘定か時間帯を分けるかして、同時にやっていけばトレードの癖が固まることなく、実際の収益も1日あたりの獲得pipsも両方向上させていけるのでは?と考えていますが、いかがでしょうか?

どうしても両サイド(売り買い両方)のボラティリティを取りに行きたい、という思いにかられ仕掛けてみるものの、ロスカットの回数が増えて思ったより利益が増えないどころか、逆に損失が増えてしまいます。仕掛けは素早く、決済は引き延ばすということを意識しているため、そのままドテンすると「遅仕掛け」となってしまい、仕掛けと決済の基準が混乱してしまったり、ロスカット幅が大きくなってしまっているなどが、原因と感じています。そのため、収益性よりも安定性を重視して、現在片サイド(買いのみ、売りのみ)だけでの仕掛けを行なっています。

ただ、片サイドの安定性を保ちながら、より収益性を高めるために、次のような方法も試し始めているのですがいかがでしょうか?

「9-11時、13-15時、16-18時をそれぞれ1つのセッションとして、セッション前に毎回優位な方向を1時間足などで判断して、一度決めたらそのセッションは同じ方向でのみ仕掛け続ける」

1日中同じ方向で仕掛け続けた方がシンプルで非常に安定すると感じる一方、ロンドンオープンの時間から、上位足の方向が反転することもよくあったため、セッションごとに決めておけば、より的確に方向を捉えられ、片サイドでも収益性を高めることができるのでは?と考えたことが理由です。(試し始めて日が浅いので、プラスになるか、マイナスになるかまだ判断しかねている状況です)

矢口先生は一度方向性を決めたら、その日は1日同じ方向でのみ仕掛け続けるとのことですが、1日方向を固定するようになった経緯や理由を是非教えていただけましたら幸いです。


:片サイドトレードの利点。

仕掛けは早く、手仕舞いはできる限り引き延ばして、というのが、損小利大につなげる秘訣です。しかし、それでドテンすれば、確かに入るのが遅くなりますね。

そもそも、ドテン売買とは、波動をすべて取ろうとするものですから、損小利大という発想がありません。必要なのは、こだわりのなさ、フットワークの軽さだと思います。

私が片サイドトレードしかしないのは、損小利大を狙っている、こだわりの強さ、フットワークの重さから、ドテン売買はうまく機能しないからです。

とはいえ、「矢口先生は一度方向性を決めたら、その日は1日同じ方向でのみ仕掛け続けるとのことですが、1日方向を固定するようになった経緯や理由を是非教えていただけましたら幸いです」とのような、ご質問を頂けるおかげで、自分でも何故なのかを、突き詰めて考えました。

その日の方向性は、週足、日足、時間足とチェックした上で、大きな流れに沿って決めます。例えば、週足では上げているが、日足では上値が重くなり、時間足では下落トレンドに見える場合、その日の方向性は「売り」です。

5分足のトレードでは、山越え確認で仕掛け売り、谷越え確認で手仕舞い買いを続けます。その方が機能してきたので、自分の癖だと思っていました。

ここで忘れてはならないのが、全ての人々が自分と同じ足を見て、同じような時間枠でトレードを考えているのではないことです。

上記のような展開の時、日足や時間足だけを見ている人は、何をすると思いますか? 日足では上値が重い。時間足では下落トレンドです。彼らが考えていることは、戻りを売るか、下げ止まりで戻らなければ売るか、下抜けを売るかです。

5分足の山越えは、日足、時間足の「戻り」に当たります。谷越え確認で買ったのに損切りで終わるのは「下げ止まりで戻らなければ売る」人がいたからです。その時の損切りは「下抜けを売る」人がいるために、大きな下げとなります。この展開では、山越え確認での売りは機能するが、谷越え確認での買いは、しばしば損切りで終わります。片サイドトレードの方がいいのです。

ドテン売買は、その意味では「自分の足しか見ていない」単眼的な視野での売買でしかありません。皆様のおかげで、私自身が自分のトレードに納得が行きました。ありがとうございます。

「9-11時、13-15時、16-18時をそれぞれ1つのセッションとして、セッション前に毎回優位な方向を1時間足などで判断して、一度決めたらそのセッションは同じ方向でのみ仕掛け続ける」は、機能するはずです。

相場は右端の値動きへの対処です。朝に下落トレンドが見えていても、昼や、夕方、夜にも同じ方向だとは限りません。トレードの前は常に、週足、日足、時間足とチェックした上で方向を決め、分足でトレードするのが良いと思います。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
8年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 4
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.1 8 -33 1,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -22 1,000通貨

詳しく見る
0.1 4 -34 1,000通貨

詳しく見る
0.17 9 -13 1通貨

詳しく見る
0.2 10 -95 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 4 -40 1,000通貨

詳しく見る
0.2 2 -83 1,000通貨

詳しく見る
0.3 3 -15 1,000通貨

詳しく見る
0.3 1 -27 10,000通貨

詳しく見る
0.4 1 -27 100通貨

詳しく見る
1.0 5 -36 1,000通貨

※スワップ調査日:2020年10月22日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップは過去14日間の平均値を掲載しています。※スワップは1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の金額を掲載しています。
※スプレッド調査日:2020年10月14日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。 ※FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。