Q&A:両建ては使っていい手法?

Q. 両建ては使っていい方法?

A.
1)収入を得るチャンスがある。同時に損失を出す危険もあるが、損失は技術で小さく抑えられる。短期トレードを学べば、週間、月間では損が出ないトレードが可能だ。

2)自己実現の機会がある。相場は自分の考え方、ノウハウ、技術などを損益と言う「形」に変えることができる場所だ。負けても勝っても、基本的には誰にも迷惑をかけず、収益額に天井はない。

3)自分の都合(時間、資金量など)で行える。短期トレードはPC1台、あるいはスマートフォン1台があれば、どこでも、いつでも行うことができる。収益チャンスは、肉体的なハンディキャップを含む、社会的弱者にも均等に開かれている。

4)結果がすぐに出るため、失敗した時の対処が速い。短期トレードのリスクは目に見える、目の前で起きているリスクなので、容易に対処が可能だ。

5)持たざる者には結果がいる。スポーツ選手と同じだ。結果を出せば、未来が開ける。また、スポーツよりも、結果を出すことがはるかに容易だ。

6)結果で権威を否定できる。裸の王様に怯えることはない。相場には象牙の塔も、白い巨塔も、ガラスの天井も存在しない。結果がすべてなのだ。

7)結果が伴えば、自由が手に入る。

矢口氏のコラム

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
8年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.1 8 -33 1,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -22 1,000通貨

詳しく見る
0.1 4 -34 1,000通貨

詳しく見る
0.17 9 -13 1通貨

詳しく見る
0.2 10 -95 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 4 -40 1,000通貨

詳しく見る
0.2 2 -83 1,000通貨

詳しく見る
0.3 3 -15 1,000通貨

詳しく見る
0.3 1 -27 10,000通貨

詳しく見る
0.4 1 -27 100通貨

詳しく見る
1.0 5 -36 1,000通貨

※スワップ調査日:2020年10月22日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップは過去14日間の平均値を掲載しています。※スワップは1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の金額を掲載しています。
※スプレッド調査日:2020年10月14日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。 ※FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。