NYオプションカット

NYオプションカット

FX会社のニュースでよく流れるオプション関係の言葉に、「NYオプションカット」という言葉があります。
これは、カットオフタイムとも呼ばれ、「通貨オプション」の権利行使の最終的な締め切り時間のことです。
NYオプションカットの時間帯は、日本時間の24時です。(夏時間は23時)

通貨オプションとは、あらかじめ定められた期間や期日に、定められた価格で買う権利、または売る権利を売買する取引のことです。

具体的には、1か月後にドル円を100円で100万ドル買う権利という感じです。
この権利を売る側は、証券会社や銀行などの金融機関で、買う側はトヨタなどの貿易企業であったり、投資目的の金融機関になります。

上記の1か月間ドル円を100円で買う権利を100万円としましょう。
そうすると、買った側はオプションカットの時間にドル円が100円よりも安ければ権利を行使する必要がありませんが、ドル円が100円よりも高ければ権利を行使します。
仮にドル円が105円だと、市場で105円で売ってすぐに買い戻せば5円の利益になりますからね。
しかしながら、100円に近ければどうなるでしょう。
権利を買った側は100円より上で時間を迎えたいですが、売った側はそうならないようにドル円を売っていくかもしれません。
そのような思惑の売買が働くために、NYカットの時間帯では、設定された価格付近に近づく傾向があるようです。

FX会社のニュースなどには、

102.60円 OP9日NYカット
102.50円 売り 本邦勢、OP9日NYカット大きめ
102.00円 OP9日NYカット

などと表示されています。

この場合、一番影響するのが102.50円のオプションになります。この時は、1300本(1本=1億ドル)が残っておりました。

だいたい、1000本以上あると値動きに影響するといわれております。

NYカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

みんかぶFX

みんかぶFXの全コンテンツを管理しています。みんかぶFXでは情報の速報性・正確性を大切にしており、金融機関・外国為替情報会社など出身の、外国為替市場関連の実務経験豊かなメンバーで構成されています。

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
8年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

FX口座 スプレッドスワップランキング

外為どっとコム 96

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 84

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

LIGHTFX 80

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 80

ドル円 8
豪ドル円 8
トルコリラ円 16

みんなのFX 77

ドル円 8
豪ドル円 8
トルコリラ円 16

DMM FX 56

ドル円 9
豪ドル円 6
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.1 8 -33 1,000通貨

詳しく見る
0.17 9 -12 1通貨

詳しく見る
0.2 10 -85 1,000通貨

詳しく見る
0.2 9 -12 10,000通貨

詳しく見る
0.2 9 -12 10,000通貨

詳しく見る
0.2 8 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 8 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 8 -23 1,000通貨

詳しく見る
0.2 4 -42 1,000通貨

詳しく見る
0.2 2 -83 1,000通貨

詳しく見る
0.3 4 -34 1,000通貨

詳しく見る
0.3 3 -13 1,000通貨

詳しく見る
0.3 1 -33 10,000通貨

詳しく見る
0.4 1 -23 100通貨

詳しく見る
1.0 5 -40 1,000通貨

※スワップ調査日:2020年09月16日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップは過去14日間の平均値を掲載しています。※スワップは1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の金額を掲載しています。
※スプレッド調査日:2020年08月24日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。 ※FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。