タイプ別おすすめ取引 - じっくり投資

最後は、将来を見据えてじっくりと投資したいという投資方法です。

じっくり投資するならば外貨預金や外貨MMF、外貨建て投資信託などもありじゃないかと思うかもしれません。しかし、これらの投資商品は手数料がかなり高いものとなっています。

大手都市銀行でドルの外貨預金をしようと思うと、ドルに換えるときに1ドルあたり1円、円に戻すときに1ドルあたり1円の手数料がかかります。ネットバンクだと比較的手数料を抑えられますが、それでもかなりの高額になってしまいます。

FXでは取引手数料は無料のところが多いうえに、実質的な手数料にあたるスプレッドも1銭以下などという場合が多く、非常にローコストになっています。

取引手法としては、比較的金利の高い通貨を対円で買い、長期に保有することで、スワップポイントによる収益を狙う方法になります。

レバレッジをかけてしまうと値動きのリスクが大きくなりますが、例えばレバレッジ1倍で投資した場合、外貨預金と値動きのリスクが変わらず、ローコストのメリットを享受できます。

メリットはローコスト

外貨預金、外貨建てMMF、外貨建て投信など、様々な外貨建て金融商品と比べて、取引コストが小さいことがメリットとなります。例え取引回数が少なくても収益全体を考えたときに手数料の占める位置は大きいです。また、取引コストが小さいことで、いったんポジションを解消して、また戻すといった柔軟な対応も可能になります。

デメリットは必要な資金量と金利変化

デメリットはある程度の資金量が必要になることです。スワップポイントは金利差に基づくものなので、例えばドル円ならば2%程度。10万円ならば年間2千円程度にすぎず、収益を得るためにはある程度の資金が必要になります。

もう一つのデメリットはあくまで金利差なので、円の金利が上がるようなことがあると米ドルなど投資先の金利が下がらなくてもスワップポイントが減ってしまうことです。当面円の金利が上昇する局面は考えにくいですが、将来的なリスクとしては意識しておく必要があります。

おすすめの通貨ペアはドル円と南アランド

かつては豪ドルやNZドルが人気でしたが、いまや米ドルよりも金利が低く、スワップポイント狙いとしての魅力は乏しいです。

ドル円はそれなりに金利が取れるということに加え、米国の情報は比較的とりやすいので、何か変なこと(911のテロみたいな大きな事件やリーマンショックのような世界経済に変化を与えるような状況)が起きたときに察知しやすく、いったん取引をやめるというような選択がやりやすいのもポイントです。FXの場合コストが小さいので、状況が落ち着けば取引を再開すればいいのです。

南アランドは高金利の新興国通貨の代表格の一つです。新興国通貨は取引量が小さく値動きが激しいという特徴がありますので注意が必要ですが、6.75%という金利水準は魅力的です。同じく高金利のトルコリラに比べると経済に安定性があります。最近はメキシコペソも人気ですが、トランプ大統領に振り回され続けていますので、初心者の投資先としてはおすすめしにくいです。

南アランド円を取引する際の3つポイント

ドルの取引のポイントは前章にあげましたので、南アランドのポイントを三つ。

1)相場の急変にご用心

新興国通貨のリスクを意識すること。ドル円などに比べて取引量が少なく、時間帯によっては市場全体の流動性にかけることがあります。そのため相場が一気に変動するリスクがありますので、レバレッジは出来る限り小さくすることが重要。また長期投資であってもストップロス注文を絶対に忘れないようにします。

2)中国経済の状況に注意

南アフリカはオーストラリアに並ぶ世界の資源大国です。その主要な輸出先として中国が南ア経済の重要な位置を占めています。中国景気の動向次第で中国向け輸出が減退すると、南ア経済に悪影響が出てランド売りが強まるなどということがありますので、南アの経済指標だけでなく中国の動向にも要中です。

3)短期の値動きにこだわりすぎず長期投資を意識

経済状況の変化などの情報がとりにくい新興国通貨は、短期の取引で安定して収益を上げるという投資にはあまり向いていません。じっくりとポジションを維持し、値動きの収益はゼロでも、スワップポイントでしっかりと稼ぐという意識が必要。レバレッジを押さえておけば、ある程度の値動きの評価損はスワップポイントでカバーできますから、数カ月から年単位の投資を意識したいところです。

ただ、リーマンショックのようなことが将来起こりえないとは限りませんから、長期に保有するからといってニュースなどを確認しなくていいというわけではありません。危ないと思ったらいったんやめるということが大事です。

200日移動平均線の傾きと水準を意識

長期投資の場合テクニカルはそれほど関係ないですが、日足による長期の移動平均線の傾きと水準は意識しておきましょう。200日線がおすすめです。長期の外貨高円安トレンドに乗ると、スワップポイントと値動きによる収益ダブルで美味しいです。

南アランド円相場は今後どっちにむかうのか

FX取引でもしない限りあまりなじみのない南アランド。今後はどのような動きが期待されるでしょう。

中国の景気減速懸念が最も重要なポイントとなります。毎年のように景気減速懸念が報じられながら、底堅い中国経済ですが、米国との関係が悪化するようだと、本格的に景気減速に向かう可能性がありますので要注意です。

もう一つは、電力問題。南アの電力公社は前政権時代に電気料金を抑える一方、設備投資が見送られ、かなり厳しい状況にあります。現政権が立て直しを図っていますが、予算の問題もあってあまりうまくいっていません。

こうしたリスクを抱えてはいますが、基調はある程度しっかりしています。すでにこうしたリスクを織り込んだ状況で相場は動いてきていますので、状況の深刻化が無ければ、大きく崩れることは避けられるとみています。

ランド円は夏ごろまで現状の8.00円前後の推移とみています。長期的にも7円台の維持をみています。

FX各社の南アランド取引情報

会社名 買スワップ スプレッド 取引単位 リンク
トレイダーズ証券
LIGHTFX
70 0.8pips 1,000通貨 詳しく
FXプライムbyGMO 66 0.9pips 1,000通貨 詳しく
SBIFXトレード 60 0.78pips 1通貨 詳しく
DMM FX 60 0.8pips 10,000通貨 詳しく
ヒロセ通商
LIONFX
60 0.8pips 1,000通貨 詳しく
トレイダーズ証券
みんなのFX
60 0.9pips 1,000通貨 詳しく
GMOクリック証券
FXネオ
58 0.8pips 100,000通貨 詳しく
外為どっとコム
外貨ネクストネオ
56 0.3pips 1,000通貨 詳しく
YJFX! 56 1.3pips 10,000通貨 詳しく
外為オンライン 50 15.0pips 10,000通貨 詳しく
FXブロードネット 40 16.4pips 10,000通貨 詳しく
セントラル短資FX 20 0.9pips 1,000通貨 詳しく
インヴァスト証券
トライオートFX
20 1.8pips 10,000通貨 詳しく
マネーパートナーズ
パートナーズFX
10 1.0pips 10,000通貨 詳しく
マネーパートナーズ
パートナーズFXnano
10 1.9pips 100通貨 詳しく

※2020年10月14日調査時点 ※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。 ※FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。

山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」を毎営業日朝に好評配信中

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
8年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 4
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.1 8 -33 1,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -22 1,000通貨

詳しく見る
0.1 4 -34 1,000通貨

詳しく見る
0.17 9 -13 1通貨

詳しく見る
0.2 10 -95 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 4 -40 1,000通貨

詳しく見る
0.2 2 -83 1,000通貨

詳しく見る
0.3 3 -15 1,000通貨

詳しく見る
0.3 1 -27 10,000通貨

詳しく見る
0.4 1 -27 100通貨

詳しく見る
1.0 5 -36 1,000通貨

※スワップ調査日:2020年10月22日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップは過去14日間の平均値を掲載しています。※スワップは1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の金額を掲載しています。
※スプレッド調査日:2020年10月14日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。 ※FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。