FXトレーダーの一日

こんにちは!
今日は、FXトレーダーが1日の中でどういうトレードをしているか迫ってみましょう。

まずは20代の男性編

-午前7時:起床-

・朝起きたら、レートチェック!
夜中に大きな動きがあったかどうかニュースもチェックします。
起きる時間に経済番組をやっているので、スマホよりも
テレビで情報をチェックしています。

-午前8時:通勤-

・電車の中でニュースや有名投資家のブログをチェックしながら、注文を出します。
週あたまなどのあまり動きのない日はほとんど何もしません。

-午後13時:昼食-

・日経平均が大きく動いたりすると、リアルタイムで注文を出しますが、日本時間は比較的静かなので、離れたところに注文を置くことの方が多いです。

-午後18時:帰宅途中-

・欧州時間になり本格的に為替が動く時間です。
帰りの電車の中では、スマホのFXアプリが大活躍です。

-午後21時:帰宅-

・NYの投資家が参入してきて、為替の動きもダイナミックになります。
トレード中にTV番組に夢中になっていると、気づいたころには損失が膨らんでいることがあるので、要注意です。
ユーストリームの投資番組やSNSのFXコミュニティなどに参加しながら、
投資戦略を練ります。

-午前1時:就寝-

・NY市場の動きを気にしながら、ポジションを持っていれば注文を置いて寝ます。
損切り注文を出し忘れていると、朝起きて大変な目に合うことがあります(笑)

次は20代女子大学生のNさん

この方は女性トレーダーなのですが、高校生の時からデモトレをやっていたという異色のトレーダーです。

-午後7時:起床-

・朝起きたらもちろんレートチェック。
でも、高校生からトレードしているお蔭で、重要なポイントが頭に入っているためチャートはほとんど見ないそうです。
ちゃんと見るのは、週に2,3回だそう。

-午前9時:大学へ-

どこでもトレードできるように、ピンクの小さなノートパソコンを持ち歩いているそうです。

-午後4時:終業-

スイングトレーダーなので、あまりバタバタとトレードをすることなないそうですが、レートチェックは欠かさないそうです。
アルバイトはせずにトレードでお小遣い稼ぎをしているので、他の大学生よりも放課後の時間が自由に使えるそうです。

-午後6時:帰宅-

LINEなどのSNSを使いながら、高校生の時からの投資仲間と連絡を取りながら、投資をするそうです。
SNSは重要な現代の投資ツールのひとつのようですね。
ちなみに彼女の将来は、就職はせずに両親から引き継いだ不動産収入とFXの収益で生活していくそうです。

最後は専業トレーダーの30代 Kさん

-午前7時:起床-

専業トレーダーといえば、夜も眠らずパソコンの前に張り付いて慌ただしくトレードしているというイメージがあるかもしれません。
しかしながら、Kさんの生活リズムはサラリーマン時代とほとんど変わらないようです。
月曜日の早朝はトレードすることがあるものの、平日の朝はほとんど何もしないそうです。

-午前9時:ジムでトレーニング-

日本の株式市場が開きますが、自転車で30分ほどかけてジムへ通い、毎日体を鍛えているそうです。

-13時:生徒の指導-

Kさんには、FXを教えている人が100人近くいるそうですが、都内の人は直接会ってトレードの指導をすることがあるそうです。

-午後3時:帰宅しチャート分析-

まずは、しっかりとチャートの分析から始めるそうです。
スポーツと同じで、投資も「スタートに立つ前の準備とトレーニングで、結果はほとんど決まっている。」そうです。

-午後4時:トレード開始-

Kさんは欧州時間帯の値動きのクセを熟知していて、主にこの時間帯にトレードするそうです。
複数のモニターでニュース画面やチャートを表示させて、細かな値動きをチェックします。
時々ユーストリームのライブ中継で、トレードの様子を流したりしているようです。

-午後8時:セミナー

普通FXのセミナーを行う時は土日が多いのですが、実際に動いているチャートでセミナーをやりたいということから、平日に行うこともあるそうです。

-午後23時:就寝-

米国市場が始まりますが、Kさんは0時前にはたいてい寝ているそうです。
もちろん、保有ポジションの損切はしっかりと設定しているそうですが、利食いの設定はポジションによって設定しないこともあるそうです。

上手にFXと付き合っていこう!

3人のトレーダーの方の日常を挙げてきましたが、いかがでしたか?
デイトレーダーのイメージといえば、常に値動きをチェックしながらバタバタと慌ただしくトレードをしているイメージを持たれている方もいるかもしれません。
中にはそのような人もいますが、私の知っている多くの人は、仕事や勉強の合間に時々ニュースやレートをチェックしている方が多いです。
メリハリをつけて、トレードをする時は集中しているようですが、トレード中心の生活というよりも、生活の中にFXの投資があるようなイメージです。
これは場が開いている時間が決まっている株式投資家との違いなのかもしれませんね。

みんかぶFX

みんかぶFXの全コンテンツを管理しています。みんかぶFXでは情報の速報性・正確性を大切にしており、金融機関・外国為替情報会社など出身の、外国為替市場関連の実務経験豊かなメンバーで構成されています。

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
8年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

FX口座 スプレッドスワップランキング

DMM FX 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

YJFX! 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

GMOクリック証券 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 50

ドル円 7
豪ドル円 5
トルコリラ円 19

みんなのFX 48

ドル円 7
豪ドル円 5
トルコリラ円 19

DMM FX 44

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.1 8 -33 1,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -10 10,000通貨

詳しく見る
0.1 7 -22 1,000通貨

詳しく見る
0.1 4 -34 1,000通貨

詳しく見る
0.17 9 -13 1通貨

詳しく見る
0.2 10 -95 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -9 1,000通貨

詳しく見る
0.2 4 -40 1,000通貨

詳しく見る
0.2 2 -83 1,000通貨

詳しく見る
0.3 3 -15 1,000通貨

詳しく見る
0.3 1 -27 10,000通貨

詳しく見る
0.4 1 -27 100通貨

詳しく見る
1.0 5 -36 1,000通貨

※スワップ調査日:2020年10月22日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップは過去14日間の平均値を掲載しています。※スワップは1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の金額を掲載しています。
※スプレッド調査日:2020年10月14日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。 ※FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。