キャリートレード、その1

ヘッジファンドなどによる円のキャリートレードは、円安トレンドの大きな要因の1つとなっている。
キャリートレードとは、低金利通貨で調達し、高金利通貨で運用するトレードの総称だ。つまり、借りた通貨の金利より、貸出などで運用する通貨の金利が高いので、金利差が享受できることになる。

とはいえ、スワップポイント、フォーワード・トレードで触れたように、金利差と価格は、トレードオフで相殺されてしまうはずだ。

ユーロが統一通貨となる1999年まで、EMS参加国通貨の相互の通貨変動は年上下2.25%以内に抑えることが原則とされていた。その頃の参加国は独自の金融政策を採っていたので、個々の通貨には固有の政策金利があり、金利差があった。

フォーワード・トレードを理解された方々は、すぐにピンときたと思うが、高低の金利差が2.25%以上に広がれば、金利差と価格は必ずしもトレードオフの関係にはならない。あるいは、ある通貨が変動幅の下限近くに売り込まれていて、多少でもより高金利ならば、金利差が享受できることになる。当時私が勤めていた会社は、実際にEMSファンドと名付けた、高金利通貨ロング、低金利通貨ショートのファンドを販売していた。

ジョージ・ソロスの名前を一般の方々にも有名にした「ポンド危機」は、キャリートレードの巻き戻しだ。
イギリスはEMSに1990年から参加したが、実需を反映してポンドには売り圧力がかかり、対独マルクで2.25%安の下限に近付いていた。英当局は買い支え、高金利のためにソロスなどのヘッジファンドや、米系証券、銀行なども大きくポンドロングを抱えていた。

例えれば、英当局から金利報酬を貰って、共に神輿を担いでいたが、重すぎたので、真っ先に神輿の上に飛び乗ったのがソロスだった。他のヘッジファンドや、米証券も後に続いた。英当局は神輿の下敷きとなり、EMSからの離脱を余儀なくされた。1992年9月のことだった。

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
8年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

カテゴリからFX会社を探す

FX会社ランキング