強制ロスカットにならないよう余裕を持って入金しよう

強制ロスカットって?

強制ロスカットとは、入金額以上の損が発生しないようトレーダーを守る目的で、保有ポジションに一定の損失が発生した際にFX会社が決済注文を強制発注する制度のことです。(※強制ロスカットの制度があっても損が発生する可能性があります(後述))

強制ロスカットはなぜあるのか

FXではレバレッジをかけて預け入れた金額以上の取引をしているため、証拠金以上に損が出てしまう可能性があります。

極端な例を挙げると、10万円の証拠金で1ドル=110円の時に1万ドルの取引を行います(レバレッジ11倍)。もし1ドル=100円になると含み損は10万円で証拠金がすっかりなくなることになります。1ドル=90円になると、損は20万円で証拠金だけでは足りない損失が出ることになります。そうしたケースを避けるために、一定以上に含み損が出た場合に強制的に決済を行う仕組みが強制ロスカットです。

できれば、レートが自分の予想以上に逆にいくようならばポジションを決済する逆指値注文をきちんと入れて、損失を自分でコントロールしておきたいところですが、もしそうした逆指値注文を入れていない場合でも、このロスカット制度があるおかげで損失の拡大を防ぐことができます。

ロスカット一例

どの時点でロスカットが実施されるのかは業者によって違うのですが、よくあるパターンで証拠金率が8割を割り込んだら(ようは証拠金の2割以上の損失が出たら)ロスカットが発動するという場合、先ほどのケースでは1ドル=110円が1ドル=108円を割り込み、損失が元々の証拠金の10万円の2割にあたる2万円を超えた場合、強制ロスカットとなります。これによって、証拠金以上の損が出る可能性を抑えることが出来ます。

ロスカットは絶対ではない

ただし、気を付けたいのが、強制ロスカットが発動しても相場状況によっては預け入れた証拠金以上に損が出る可能性が否定できないということです。

強制ロスカットは条件が満たされたときに自動で取引を実施するため、先ほどのケースでは108円を割り込んだ時点でドル売り円買いを実施しようとします。通常の状態であれば107円99銭や107円98銭などといったレートで売ることが可能ですが、相場が大きく荒れており、108円を割り込んだ次の瞬間に市場で出てくるレートが95円だった場合、証拠金以上の損失が出ることになります。

各社違うロスカットの仕組み 自分のFX会社を要チェック

例のように証拠金率が8割を割り込んだらロスカットなどという場合、ドル円で証拠金を超える損が出るケースはまずないと思われますが、相場に絶対はない以上、リスクを意識する必要はあります。

2015年のスイスフランショックなどの場合には、ユーロスイスなどのポジションで実際に証拠金を超える損が出たケースがあるようです。また、ロスカットの発動条件が業者によって大きく違うため、よりぎりぎりまでロスカットが発動しないようにしている業者では、証拠金超えの損が出る可能性が強まりますので、取引しているFX会社のシステムをきちんと確認しておきましょう。

FX会社のロスカット比率(水準)一覧

FX会社 ロスカット比率(水準)

マネーパートナーズ

パートナーズFX

証拠金維持率40%以下

SBIFXトレード

証拠金維持率50%以下

YJFX!

証拠金維持率50%以下

GMOクリック証券

FXネオ

証拠金維持率50%以下

DMM FX

証拠金維持率50%以下

インヴァスト証券

トライオートFX

証拠金維持率50%以下

FXプライムbyGMO

証拠金使用率80%以下

マネースクエア

証拠維持金率100%未満

トレイダーズ証券

LIGHTFX

証拠金維持率100%未満

トレイダーズ証券

みんなのFX

証拠金維持率100%以下

ヒロセ通商

LIONFX

証拠金維持率100%以下

FXブロードネット

証拠金維持率100%以下

外為どっとコム

証拠金維持率100%以下

マネーパートナーズ

パートナーズFXnano

証拠金維持率100%以下

セントラル短資FX

証拠維持金率100%以下

外為オンライン

L25コース・L25miniコース:20%未満 L25Rコース・L25R miniコース:100%未満

みんかぶFX

みんかぶFXの全コンテンツを管理しています。みんかぶFXでは情報の速報性・正確性を大切にしており、金融機関・外国為替情報会社など出身の、外国為替市場関連の実務経験豊かなメンバーで構成されています。

「実際に注文してみよう」記事一覧

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

FX入門知識 記事一覧

FXとは
1.FXとは
2.FXが人気の理由
3.株とFXの違い
4.FXの注意点やリスク
FXをはじめる前に
1.いくらからFX取引を始められるの?
2.FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう!
3.FX取引にかかる手数料とは?
実際に注文してみよう
1.通貨の種類と初心者向き通貨ペア
2.レートの見方-BIDとASK
3.注文方法
4.強制ロスカットにならないよう余裕を持って入金しよう
FXで儲けるコツは?
1.レバレッジを意識して取引しよう
2.為替の主な変動要因をおさえよう
3.スワップポイントとは? -高金利通貨を買って利益を狙おう!-
4.デモトレードで取引の練習をしよう
5.FXって儲けたら課税されるの? -FXの税金と確定申告-

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと60日以内に1lotの取引で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
7年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

実際に注文してみよう

FX口座 スプレッドスワップランキング

LIGHTFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 94

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 76

ドル円
豪ドル円
トルコリラ円 ---

みんなのFX 72

ドル円
豪ドル円
トルコリラ円 ---

FXブロードネット 71

ドル円
豪ドル円
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.17 49 -52 1通貨

詳しく見る
0.2 62 -65 1,000通貨

詳しく見る
0.2 48 -48 1,000通貨

詳しく見る
0.2 48 -48 10,000通貨

詳しく見る
0.2 48 -48 1,000通貨

詳しく見る
0.2 47 -49 10,000通貨

詳しく見る
0.2 46 -61 1,000通貨

詳しく見る
0.2 44 -74 1,000通貨

詳しく見る
0.2 21 -50 1,000通貨

詳しく見る
0.2 20 130 1,000通貨

詳しく見る
0.3 40 -75 1,000通貨

詳しく見る
0.3 18 -110 10,000通貨

詳しく見る
0.4 45 -74 100通貨

詳しく見る
0.6 40 -70 1,000通貨

詳しく見る
1.0 35 -70 1,000通貨

※スワップ調査日:2019年12月13日※スワップは1万通貨の金額です。※スワップの値について詳細は調査概要をご参照ください。
※スプレッド調査日:2020年01月06日※表示しているのスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは10,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。※YJFX!では2019年12月16日(月)オープン時〜2020年1月7日(火)ニューヨーククローズ時までの間、原則固定スプレッドが適用対象外となります。