レートの見方-BIDとASK

ひとこと要約
point1為替レートは売値、買値の2つのレートで表示される
point2BIDは売値、ASKは買値を表す
point3売値と買値の差をスプレッドという

FXを始めてみようと、試しにFXの取引画面を見てみたら「BID」「ASK」という2つの価格が表示されていて、「何で価格が2つあるんだ?」と疑問に思ったことがある方はいませんか?FX取引で価格が2つ表示されるのにはちゃんとした理由があるんです。

そこで今回はFXの取引画面でも何度も目にすることになる「BID(ビッド)」と「ASK(アスク)」について説明していきたいと思います。FX取引に必要不可欠な知識なのでしっかりと抑えるようにしましょう。

BIDとASKとは?

それでは早速、BIDとASKについて「米ドル/円」の為替レートを例に用いて説明していきたいと思います。まずは以下の画像をご覧ください。

結論からいうと、BIDトレーダーが売るときの価格で、ASK買うときの価格を表しています。つまり「トレーダー目線」からいうとBID=売値、ASK=買値ということです。

この取引画面では、BIDが107円5銭、ASKが107円5.3銭となっているので、

1ドルの売値が107円5銭、1ドルの買値が107円5.3銭ということを表しています。

ここでは、「売りのBID」「買いのASK」と抑えるようにしましょう。

ここで注意しておきたいのが、BID=買値、ASK=売値と説明される場合もあるということです。先ほどの説明では「トレーダー目線だと」BID=売値、ASK=買値と説明しました。それでは、「FX会社目線」にしたらどうでしょうか。

FX会社はトレーダーが売りたいものを「買い」トレーダーが買いたいものを「売り」ますよね。そのため「FX会社目線」ではBIDは買値、ASKは売値といえるのです。

しかし、FX会社目線の表記がなされている場合でも混乱せずに「どちらにせよBIDが売るときの値段、ASKは買うときの値段!」と考えるようにすれば問題はありません。

もし余裕があればこの仕組みも理解するようにしましょう。

レートの見方とスプレッド

BIDとASKについての意味を理解したところで、実際の注文画面を見ながら知識を定着させていきましょう。まずは復習から、左側のレートがBIDで【売り】のレート、右側のレートがASKで【買い】のレートになります。

この時点で買いのレートをクリックすると「ASKに表示されている価格でドルを買う」という注文が発注されます。

ここで注文画面を見てみるとASKの方がBIDよりも高くなっていますよね。この差額は一体何なのでしょうか。FXでは、この売値と買値の差額を「スプレッド」といいます。もう一度画面をみてみるとBIDとASKの間に「0.3」と表示されていますよね。これが「スプレッド」になります。

なぜスプレッドが表示されているかというと、このスプレッドがFX取引の実質的なコストになるからです。なぜコストになるかは、買い注文が成立した直後に売り注文を出す場合を考えれば納得できると思います。

例えば、表示されている価格の107円5.3銭で買うと売値との差額である0.3銭マイナスからスタートすることになります。

そこですぐに1ドルを「107円5.0銭で売る」と1通貨あたり差額分の0.3銭マイナスになります。

スプレッドが0.3銭で1万通貨の取引をした場合は30円のコストが発生するということです。そのためFXにおいてスプレッドは実質的なコストとして扱われます。

FXにかかるコストについて詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご参照ください。

FXの手数料について詳しくはこちら

まとめ

今回はFX取引画面に表示されるBIDとASKの意味と2つの価格の差額であるスプレッドについて学ぶことができました。この記事でBIDとASKの意味をしっかりと抑えて、FX取引に挑戦してみましょう!

みんかぶ編集局

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

「実際に注文してみよう」記事一覧

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

FX入門知識 記事一覧

FXとは
1.FXとは
2.FXが人気の理由
3.株とFXの違い
4.FXの注意点やリスク
FXをはじめる前に
1.FXの取引単位とは?結局いくらから取引できるの?
2.FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう!
3.FX取引にかかる手数料とは?
実際に注文してみよう
1.通貨の種類と初心者向き通貨ペア
2.レートの見方-BIDとASK
3.注文方法
4.強制ロスカットにならないよう余裕を持って入金しよう
FXで儲けるコツは?
1.レバレッジを意識して取引しよう
2.為替の主な変動要因をおさえよう
3.スワップポイントとは? -高金利通貨を買って利益を狙おう!-
4.デモトレ(デモトレード)とは?デモ口座はどう選べばいいのか
5.FXって儲けたら課税されるの? -FXの税金と確定申告-

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

DMMFX
初心者おすすめポイント
みんかぶFXから申し込むと条件達成で4,000円キャッシュバック
LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる
電話問い合わせも平日24時間対応
DMMFXを詳しくチェック
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピードも申し分なし!
外為どっとコムを詳しくチェック
GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック

実際に注文してみよう

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 3
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年4月2日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年2月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

カテゴリからFX会社を探す

米ドル円の取引情報

初心者におすすめの通貨ペアは米ドル円です。米ドル円は取引量が多いため価格が飛びにくく、ニュースで話題になることも多いので初心者の方でも判断材料を集めやすいためおすすめです。

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.0 1 -147 100通貨

詳しく見る
0.2 20 -23 10,000通貨

詳しく見る
0.2 17 -37 1,000通貨

詳しく見る
0.2 16 -19 1,000通貨

詳しく見る
0.2 16 -19 1,000通貨

詳しく見る
0.2 15 -40 1,000通貨

詳しく見る
0.2 7 -41 1,000通貨

詳しく見る
0.2 6 -7 10,000通貨

詳しく見る
0.2 3 -79 1,000通貨

詳しく見る
0.2 2 -78 1,000通貨

詳しく見る
0.3 19 -36 1,000通貨

詳しく見る
0.3 11 -26 1,000通貨

詳しく見る
1.0 6 -46 1,000通貨

詳しく見る
0.1〜7.8 16 -20 1通貨

※スワップ調査日:2022年04月15日※スワップは過去14日間の1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の平均値を掲載しています。※スプレッド調査日:2022年05月12日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。なお、原則固定対象外、または非公開の場合は「非公開」という表記になっています。※表示されているのはマネーパートナーズFXnanoのスプレッドです。またスプレッドは参考値となっており、キャンペーンスプレッドを含んでおります。キャンペーンの詳細は、マネーパートナーズのホームページをご確認ください。※また、FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。※SBIFXのスプレッドは、1000通貨までが原則固定(例外あり)となっています。また、SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。※GMOクリック証券のトルコリラ円のスプレッドは原則固定対象外になっているのでご注意ください。※外為どっとコムは、トルコリラ/円、米ドル/トルコリラ、ユーロ/トルコリラは原則固定スプレッドの適用対象外です。また、ロシアルーブル/円のみ現在新規注文受付停止になっているのでご留意ください。