ローソク足とは

別名:Candlestick

値動きを時間、1日などの単位に区切って始値終値高値安値の四本足のうち、始値と終値の間を太い線、高値と安値の間を細い線で結んだもの。

チャートをみると四角い形をしたものがあります。あれをローソク足(あし)と呼びます。なぜそう呼ばれるかになったのは、見た目そのままに火を灯すローソクに似ているからだそうです。現在、世界中の投資家が使用していますが、実はここ日本が発祥の地だったのです。

起源

実際に、いつ誰が開発したのかは不明とされています。しかし、江戸時代(1700年頃)に米相場で活躍した本間宗久という人物がローソク足を用いて取引をしていたという確かな記録が残っています。

基本的な見方

ローソク足は、ある時間の価格の値動きを表しています。
そこから読み取れる情報は、その時間の最初の価格(始値)。その時間の高値と安値。その時間の最後の値段(終値)の4つです。

この始値・高値・安値・終値のことを四本値といいます。

下の画像の左側は価格が上昇する時のローソク足、右側は価格が下落する時のローソク足となっています。

ローソク足は実体とヒゲの2つで成り立っています。

①実体

実体は始値から終値の幅を示しています。
例えば、100円で価格が始まり108円まで下落した後110円まで上昇。その後107円まで下落して取引を終えた場合は、実体部分は100円から107円の部分となります。

②ヒゲ

ヒゲは一度はその価格まで到達したことを示しています。ローソク足から飛び出ている線が、髭を生やしているように見えることからヒゲといいます。

上記の場合だと、安値の108円から始値の100円までの2円が下ヒゲ。
終値の107円から高値の110円までの3円が上ヒゲといいます。

③ローソク足と時間軸

ローソク足には1本分の時間が決められています。
主なローソク足の時間は1分足、5分足、15分足、30分足、60分足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足があります。
読み方は、全て「○○あし」と読みます。

スキャルピングトレードをするなら1分足や5分足。
デイトレードなら、15分足や60分足。
スイングトレードなら4時間足や日足をみるなど、取引の時間軸によってローソク足の長さも使い分けます。

ローソク足の形

上の図はローソクの足の様々な形状です。このように、足の形によって値動きの強弱を計ることができます。トレーダーの中には、ローソク足だけを見てトレードする人もいるといいます。

しかし、ダマシも多くローソク足の形状だけでトレードするのは初心者の方は控えた方が良いでしょう。これらのローソク足は移動平均線などのテクニカル指標と併せて使い総合的に買い売りの判断をするのが一般的です。

Boxtitle FX用語集一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

A-Z

Boxtitle 口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

Index pickupcompany

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめのFX会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

GMOクリック証券
GMOクリック証券バナー
初心者おすすめポイント
6年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
預かり資産は3年連続で国内No,1
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック
YJFX!
YJFX!バナー
初心者おすすめポイント
最小取引単位が1,000通貨なので5,000円から取引できる
人気の取引アプリ「cymo」は操作性抜群!
取引でTポイントを貯めることができる
YJFX!を詳しくチェック
外為どっとコム
外為どっとコムバナー
初心者おすすめポイント
Webセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッドが業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック